ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
トップ > 各種法令・制度・手続き > 賃金・家内労働関係 > 中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金(業務改善助成金)の改正について

中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金(業務改善助成金)の改正について

  

中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金(業務改善助成金)の改正について

 

  平成28412日から「業務改善助成金」の内容が改正されました。

                                              

                      

   【助成金の交付額】

 

        雇入れ後6ヶ月を経過した時間当たりの賃金額が800円未満の労働者の賃金を所定労働時間の短縮又は所定

   労働日の減少を伴わずに60円以上引き上げ、引き上げ後の賃金を事業場で使用する労働者の下限とする事業者

   が対象となります。

      常時使用する労働者の数が31人以上の企業は業務改善に要した経費の2分の1、常時使用する労働者の数が

       30人以下の企業は、業務改善に要した経費の4分の3となります。ただし、100万円が上限となります。(千円未満

     の端数は切り捨て)

 

 

  【活用事例】 

 

   ・ POSレジシステムの導入による在庫管理の短縮

   ・ リフト付特殊車両の導入による送迎時間の短縮

   ・ インターネット受発注機能があるホームページの作成による業務の効率化

   ・ 顧客、在庫、帳票管理システムの導入による業務の効率化

   ・ 専門家による業務フロー見直しによる顧客回転率の向上 

 

 

   【支給要件の主な留意点】

 

   (1) 通常の事業活動を行う上で「社会通念上当然に必要となる経費」は、助成金対象外となります。

       <助成金対象外経費の具体例>

          ・特種用途自動車(8ナンバー)以外の自動車購入経費は、助成対象外となります。

          ・パソコン(タブレット端末やスマートフォン及びその周辺機器を含む)購入経費は、助成対象外となります。

          ・就業規則の作成・改正及び賃金制度の整備は、助成対象外となります。

 

    (2) 過去に業務改善助成金の交付を受けている事業場は、交付対象となりません。

  

     (3)      (3) 助成した事業場の好事例等の紹介が出来るよう「事業場名の公表に同意した者」に限られます。

 

               ※ 平成28412日以降は、従前の要綱、要領、様式は使用できません。

    改正後の要綱・申請書類等については、業務改善助成金交付要綱(PDF)様式集(Word)をご参照ください。

    厚生労働省ホームページ(業務改善助成金に関するページ)もご参照ください。

 

 

最低賃金引上げ支援業務改善助成金

 

業務改善助成金支給手続き

 

                                      <問い合わせ窓口>   

 

               1 新潟県最低賃金総合相談支援センター

                      (新潟県社会保険労務士会) 

                              TEL  0120-009-229

                                                                025-250-5222

                                                              

                         2 新潟労働局 雇用環境・均等室 (3 階 )

                            〒950-8625 新潟市中央区美咲町1丁目2番1号

                                                               新潟美咲合同庁舎2号館3階

                                                          TEL 025-288-3527

 

 

新潟労働局 〒950-8625 新潟県新潟市中央区美咲町1-2-1 新潟美咲合同庁舎2号館 

Copyright(c)2000-2011 Niigata Labour Bureau.All rights reserved.